ローン付けが得意

ローン付けが得意
ローン付けが得意

住宅ローンはおまかせください

住宅ローンに強いというのは、「住宅ローン付けに自信がある」ということです。
当社では今までに他の不動産会社で住宅ローンを断られた方でも、ローンを通してきた実績が数多くございます。
一度、断られたからダメだろうと諦めている方、諦めずにまずは一度ご相談ください。

住宅ローンはおまかせください

上記のようなものが一般的な審査要因になります。これらは「返済能力があるかどうか」を見る基準になっているわけです。
住宅ローン審査に通るためには、ある程度の対策をすることと借入先の選別を行う言が必要不可欠です。
当社では豊富な経験から得たノウハウで個々のお客様の事情に合わせてローン付けのお手伝いをさせていただきます。
住宅ローンはどこでやっても同じ・・・ではないのです。
住宅ローン審査がご不安な方、お気軽にご相談ください!

 


住宅ローン審査の対策

健康上の理由 住宅ローンを組む際に大きくかかわってくるのが団体信用生命保険になります。 団体信用生命保険は、被保険者が「死亡」もしくは「傷害や疾病のため所定の高度障害状態になった場合」に、本人に代わって生命保険会社が住宅ローン残高を支払う制度です。 そのため、団体信用生命保険に加入していると、万が一の事態に遭遇しても残された家族の生活を守ってくれますので、安心して住宅ローンを利用する事ができます。掛け金も非常に安く設定されていますし、加入時年齢による条件の差がありませんので、利用者にとってはたいへんメリットの多い保険であるといえるでしょう。 しかし、住宅ローンを組む場合にはほとんどの金融機関で、団体信用生命保険への加入を義務付けています。 このため団体信用生命保険に加入できないと、住宅ローンを組むことができないという金融機関がほとんどです。どうしても健康面で団体信用生命保険へ加入できない方は、団体信用生命保険の加入は任意という金融機関を選択するとよいでしょう。
転職間もない場合 転職間もない場合などは、いわゆる「勤続年数」が短いことから、住宅ローン審査に通らないことがあります。 転職をした事実は変えることができませんので、それ以外の部分でのメリットを打ち出してあげる必要があります。 「前職より年収が上がった」「同業他社なので安定している」「資格などを持っている、それを活かしている」などがあればこれらを前面に押し出してあげることで、審査に対応してくれる可能性がグーンと上がります。
自営業者の場合 自営業者の場合、申告所得をもとに審査されることになります。 ですので、仮に創業間もない時期に住宅ローンを組もうとすると、審査に通らない可能性が高くなるわけです。 「独立してからの方が、収入はあるのだけれど・・・・」 という場合でも、特に日本国内の金融機関は審査が厳しく柔軟性が乏しい傾向にあります。「決算書を3期分用意してくれないと無理」というところが多いです。 そこで「自営業の方向け住宅ローン」など、決算書類を、決算書に限定することなく多面的に行ってくれることや、一定以上の収入が現在あれば、その人の状況を考慮した上での審査を行ってくれる金融機関もあります。